2023年02月

あったかいですね。
首都圏とはいえ、2月はぐっと冷え込むと思って
いたのですが、ぽかぽかです。
お昼を過ぎてくるとちょっと冷えるので、
そろそろ窓をしめますが、午前中の掃除から
ずっと窓をあけてました。

最適化とバックテストくらいしか使っていないの
ですが、1か月くらいお付き合いして感じたことを
いくつか書きます。
【良いところ】
①最適化が速い!
MT4の時は、最適化は1つしか動かせませんし、
同時に複数の最適化をしようとすると、
その数だけMT4を動かさないといけませんでした。
さらに、いろいろとパラメータとか考えないと
いけませんでした。
でも、パソコンの能力次第だそうですが、
1つの最適化を一度に8個くらい同時にしてくれます。
比べようがないのですが、8倍、、、はムリとしても、
2,3倍は早く最適化が終わると思います。
じつは、そんなことない、、、ってオチもありますが、
信じてます(;'∀')

②バックテストで複数通貨ペアを扱える
MT4の時は、エラーにはならないものの、
バックテストを動かす対象の通貨ペアの値を
基本的には取り扱えませんでした。
お館さまにデータベースを使って、
特定の時間の通貨ペアの値を手に入れる
プログラムを作ってもらいましたが、
動きが遅くなってました。
でも、MT5では、ふつうにテスト対象以外の
通貨ペアも扱えます。
、、、なので、USDJPYやEURJPY、GBPJPYの値動きから、
日本円が多通貨より弱いから売り目線・・・とかできます。
その発想を使ったデモはこちら
https://real-trade.tech/accounts/61801

【おや?って思うところ】
➊フルパワーで長時間最適化をしているとWindowsがとまる?
わたしが使わせてもらっているお館さまのお古の
パソコンだと、MT5は同時に最大で8つの最適化を
してくれます。
ですが、8つ全部を使って長時間ほうっておくと、
Windowsが動かなくなってしまいます。
そうなると強制的な再起動しかできません。
お館さまに調べてもらったのですが、原因は不明。
8つのうち6つだけにすると、いまのところ、
ちゃんと動いています。
なんで?

➋最適化の結果がなんかおかしい?
最適化が速くなったことで、超大量の無謀な(?)
パターンも試せるようになりました。
MT4と同じようにオプティマイズ結果が一覧表示
されるのですが、そこに表示された結果と、
一覧から選んでバックテストした結果が、
全然ちがうことが、ちらほら・・・
オプティマイズ結果の一覧が再診になっていそうなのは
確認して、バックテスト時のパラメータにまちがいない
ことも確認しているのですが、結果が違います。
丸一日かけて、すごい数の最適化をすると起こるみたいです。
なんで?

全体的には、MT5は快適です。
もっと他にも優れたところはあるのでしょうが、
最適化が速くなったと思えるだけでもお得です。
プログラム言語はMT4の時とビミョーに違っていて、
まだ使えないけど(-_-;)





にほんブログ村 為替ブログへ

にほんブログ村

トレード日記ランキング
先週は、雪が降るぅ!といいながら、
近所は、ちょこっとちらついただけでした。
昨日の日曜日なんて、午前中に掃除をしたら、
そのあと、お昼まで暖かくて窓を全開にしてたくらい。
毎年、いまくらいの時期がお館さまのお仕事が
年度末進行ですっごい大変なのに、
一気に冷え込んで体調を崩す部下の方々もいて、
さらにお館さまが神経をピリピリさせていた
はずなのですが・・・
そんな異常気象は別として、そのお館さまは、
月初から毎年恒例の年度末進行に入り、
大忙しです。
最近は、インターバルとかいうのがあるそうで、
仕事を終えてから翌朝出勤するまでに、
何時間かの隙間時間(=インターバル)を
空けないといけないルールだそうです。
だから、22時には会社を退出しないといけないそうです。
終電が終わってタクシー帰り、、、なんて生活よりは、
ずっと文化的な生活と思うのですが、仕事は減らないので、
いろいろと(?)去年まではしないで済んだ苦労もあるらしいです。
、、、って、感じで、MT5を使った自作EAは、
しばらく進まなさそうなので、デモ口座を使って、
いまのバージョンでお試し実行してみようと思います。
バグや不可解な動きが残っているそうなので、
成績はまったく気にせず、そもそも動くかどうかの
確認です。
動かそうとしている自作EAのバックテスト結果は、
↓こんな感じ↓です。
MT5の自作EAくんの成績表(2013年1月1日から2023年2月8日まで) 


まず、だいたい10年くらいのバックテスト結果は、
上のような感じです。
最初の資金は、1000EUR。←単に設定まちがい(;'∀'
プロフィットファクタは、1.42。勝率は72.78%です。
なんとか、右肩上がりのグラフを描いてくれています。
ただ、残念なのは、最近1年くらいの成績で、
↓こんな感じ↓です。
MT5の自作EAくんの成績表(2022年1月1日から2023年2月8日まで)

はい。ヨコヨコです。
プロフィットファクタは1.18ですが、
勝率は66.09%と落ち込んでいます。
本当は、最適化を動かすとかして、最近の成績も
良い設定を探すべきなのでしょうが、
わたしがMT5最適化機能とプログラミングを
理解できないので、このままデモをスタートです。
どうなることやら(;'∀')





にほんブログ村 為替ブログへ

にほんブログ村

トレード日記ランキング

ことしに入ってから、MT5にも挑戦することに
しています。主に、お館さまが(;'∀')
お館さまが、MT4用に用意しているEA作成用部品の
一部をMT5用に変換し終えたというので、
さくっとお試しEAを作ってもらいました。
名前は、Puella_MS(MSは、MoonStone)さん。
MT5だと複数の通貨ペアを使ったEAでも
バックテストがきちんとできるそうです。
MT4の時は、例えばバックテストをUSD/JPYで
動かしているとき、EUR/USDの過去の値を
使うのは工夫が必要でした。
もしくは、バックテストはせず、デモ口座で
動かしてみるとか?
そんな工夫が必要ないMT5なので、
通貨ペア間のねじれを使った取引を
作ってもらいました。
とりあえず、見た目はちゃんと動く感じに
できたがっただけで、実はおかしな取引を
しているとか、わかりやすい取引の改善とか
のこっています。
他にも"いいわけ"はたくさんあるのだけど、
まずは、誕生直後で、↓こんな感じ↓のバックテスト
結果でした。
ほぼ1年間を対象にすると、
MT5の自作EAくんの成績表(2022年1月1日から2023年1月28日まで)
191取引中129勝62敗で、
プロフィットファクタが1.25でした。
通貨ペア別の取引内容は、↓こんな感じ↓
取引した通貨ペア 勝ち数 負け数
AUDNZD 48 2
EURGBP 4 4
EURUSD 40 16
GBPUSD 18 20
USDCAD 19 20

取引数は1日1回ペース。少ないです。
取引対象の通貨ペア別に勝ち負けがはっきりしているので、
パラメータをつついたら、もうちょっと成績が
上がるかも?
何も手出ししていない、段階でプロフィットファクタが
1.25なのは、期待できるかも?
って、感じでした。
ちなみにバックテスト期間を10年間にすると
↓こんな感じ↓

MT5の自作EAくんの成績表(2013年1月1日から2023年1月28日まで)

プロフィットファクタが1.08で、ギリギリ赤字に
ならずに済んだという感じです。
でも、真剣に作ったEAでも、10年間の長期の
バックテストをするとプロフィットファクタが1.0を
下回ることはよくあることなので、手間ヒマかけずに
このテスト結果というのは期待をもてるかも?

でも、わたしは、MT5のプログラムをまだ作れないので、
しばらくはお館さまの気が向いたときに
いろいろと作ってもらいます(^^♪





にほんブログ村 為替ブログへ

にほんブログ村

トレード日記ランキング

 Copyright ©トラの親 うちのトラの子の年収は? All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ