(2)バックテストの時間短縮できる・・かな?(2)

テレビのどの局を見ても、同じ内容ばっかり(*゚∀゚)=3
もともと、おもしろい話題は期待していないのだけど、
なんでこんなにおなじ話題ばかりなんでしょう。
制作費を省いてるのかな?
それとも、変な話題にして視聴者のクレームが
来てほしくないとか?
ま、いまはネットの無料漫画(さいきん話題になって
いる違法なところじゃありません)で小学生のころ
読みたかった漫画にはまっているので、
テレビはちゃんとみていないのだけど。。。

やっと、2つめの準備ができたので、投稿します。
なぜか、前回の記事で改行位置がおかしくなっていたので、
あとで直します。
プレビューと投稿直後に確認したときは大丈夫だったのに、
なにゆえ?

【はじめに】
気が向くままにMT4(Metatrader4)や
EA(Expert Advisors)のことを書いてます。
残念ながらMT5(Metatrader5)は未確認です。
ほかの話題も同じですが、MT4やEA関連の話題は、
わたしとうちのお館さまの独断と偏見で書いています。
「うちでは、こうやってます!」という感じです。
なので、うちのパソコンでは問題がないことを確認済みの
話題ばかりですが、試す時は自己責任でお願いします。

【本文】
MT4のバックテスト(BT)にかかる時間を目指そうという
お話の続きです。
今回は、↓こちら↓の2)のあたり。
1) テストするEAと設定ファイル(setファイル)を用意
2) MT4をいくつか用意
  うちの、パソコンの能力を考えて、3つで説明します。
3) テストを一度に動かすためのファイルを用意
4) テストの条件を書いたファイルを用意
5) テスト実行
6) テスト結果ファイルを合体

バックテストの対象となるEAは選定済みで、設定ファイル
(setファイル)は、MT4の最適化機能などを使って
既に決まっている前提です。
↑この前提↑は収益にはかなり重要なのですが、
これが説明できれば、大金持ちだったりします(;'∀') 
わたしにはムリです。はい。
なので、この前提で話をします。

することは、ものすごく簡単に言うと、MT4を同時に
複数動かして、テスト期間だけ変えてBTをします。
その結果、テスト時間が短くできます。
そのあとで、結果を合体させます。
それには、まず、BTを同時に実行させる数だけMT4を
用意します。
例えば、2005.01.01から2021.10.31までのBTを
①2005.01.01~2009.12.31のBT
②2010.01.01~2014.12.31のBT
③2015.01.01~2021.10.31のBT
の3つに分けて同時に動かすなら、MT4を3つインストールします。
ふつうにインストールを3回動かすのが、正統派ですが、
うちでは、ちょっと横着(?)をしています。

【メモ】
お館さまによると、2021/10時点で、
今回の記事向けにMetaTrader4の
サイトhttps://www.metatrader4.com/から
ダウンロードしたインストール
プログラムmt4setup.exe
使っても、ファイル名はMT4っぽいのですが、
MT4ではなくMT5がインストール
されるそうです。
MT4とMT5の選択の余地なし!
MT4を入手するには、FX会社さまに
口座を作ってダウンロードするのが、
一般的です。
本番口座ではなく、デモ口座を作るだけ
でも良い会社さまがあるので、
探してみてください。。


、、、で、いくつもMT4をインストールするには、
①最初だけは正統派でインストールして、
②MT4の本体(terminal.exe)が入った
 フォルダの中身を全部コピーするというのが
手っ取り早いです。
ファイルのコピー元は、MT4を正式な手順で
インストールした時にできるアイコンのリンク先を見ます。
うちで使ってるのは↓こんな感じ↓です。
01_1_MT4のアイコン
うちがお世話になっているFXTFさま(ゴールデンウェイ・
ジャパン株式会社さま)です。
このアイコンを右クリックして、プロパティを表示させると
コピーするファイルがどこにあるかわかります。
プロパティは↓こんな感じ↓です。
01_2_MT4のアイコンのプロパティ
図の“リンク先”という欄の
 C:\Program Files (x86)\FXTF MT4
がコピー元で、フォルダの中は
↓こんな感じ↓です。
01_3_コピー元フォルダの中身

この中身をそっくりそのまま、別のフォルダ、例えば、
C:\Program Files (x86)\FXTF MT4_2
を作ってその中にコピーします。
そのあとで、コピーしたterminal.exeのショートカットを
好きなところに作れば、新しいMT4のインストールは終わりです。
【メモ】(その1)
コピー先は、ふつうにフォルダを作ってコピーできるところなら、
どこでも大丈夫のようです。
でも、うちでは、使い勝手の良さを考えるて、
①インストールではなく、コピーで作った
 MT4ということがわかりやすいところ
②空き容量が大きいところ
③本物とは別の記憶装置
を目安にコピー先を決めています。
上の②で空き容量が大きいところを選ぶのは、
EAがバックテストや実際に動いている時にログをたくさん
作ることがあるためです。
うちでは、わたしのわがままのせいで、本番前にテスト
する時にログが100GBytesを軽く超えてたりします。
そのログファイルだけ、出力先を外付け大容量ハードディスクに
引っ越してもらうこともできるのですが、
また今度(@^^)/~~~


あとは、作ったterminal.exeのショートカットをダブルクリックして、
MT4を動かすだけです。
最初に動かす時は、MT4が全然別のところに、フォルダや
ファイルを作っているみたいで、少しだけ時間がかかります。
例えば、↓こんなフォルダ↓を作ってくれます。
01_5_MT4のデータフォルダ
↑上の図↑では隠していますが、
C:\Users\tora\AppData\Roaming\MetaQuotes
  \Terminal\0AXXXXXX
というぱっと見では意味のわからない名前のフォルダを
MT4が初めて動いた時に自動的に作ってくれます。
このフォルダが出来たら、EAの本体ファイル(ex4)を
C:\Users\tora\AppData\Roaming\MetaQuotes
  \Terminal\0AXXXXXX\MQL\Experts
にコピーします。
一番簡単なのは、MT4のファイル→データフォルダを開く
コピー先フォルダを表示させてからコピーする方法です。

【メモ】(その2)
EAの本体とかをコピーするのは、Windowsの
copyコマンドを使う方法もあって、うちでは、EAファイルをコピー.bat
いう名前のファイルを作って、ダブルクリックして動かしています。
ファイルの内容は↓こちら↓です。
echo 開発環境(メイン)から2つ目のMT4のフォルダにコピー
copy "C:\Users\tora\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\A8XXXX\MQL4\Experts\*.ex4" "C:\Users\admi\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\0AXXXX\MQL4\Experts"

echo 開発環境(メイン)から3つ目のMT4のフォルダにコピー
copy "C:\Users\tora\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\A8XXXX\MQL4\Experts\*.ex4" "C:\Users\tora\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\08XXXX\MQL4\Experts"

フォルダ名は適宜修正してください。
このファイルをダブルクリックすると漏れなくEAの
本体ファイル(ex4)をコピーしてくれます。
ExpertsIndicatorsにすれば、インジケーターを
コピーしてくれます。


【メモ】(その3)
じつは、コピー先MT4を一度動かして、
上の写真で紹介した意味不明の名前のフォルダができた後で

そのフォルダの中身をコピー元のMT4向けフォルダから、
コピー先MT4が使っているフォルダに全コピーすることで、
EA以外のインジケータやヒストリカルデータ関連情報や
MT4画面設定なんかもまとめてコピーできたりします。
でも、うちでは、事情があってコピーしていません。


【メモ】(その4)
経験上、新しいMT4を作る都度、この意味不明な名前の
フォルダがどのMT4のためのフォルダなのかをメモしておくと、
①使わなくなったMT4を削除する時
②EAやインジケータのファイルをコピーする時
③エクスプローラーでテスト結果を探す時
とかに便利です。たとえば、メモは↓こんな感じ↓です。
C:\Users\tora\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal
の下にあるMT4は各々、以下のとおり。

A8XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
= FXTF 開発環境(メイン) C:\Program Files (x86)\FXTF MT4

0AXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
=FXTF(第2つ目)C:\Program Files (x86)\FXTF MT4_2

08XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
=FXTF(第3つ目)C:\Program Files (x86)\FXTF MT4_3

お館さま(おおざっぱなO型)いわく、
「もっとしっかり管理した方が
 良いんだけどね・・・」
だそうですが、どこまでこだわるかは
性格かも?



、、、で、ファイルをコピーするだけでも新しいMT4をインストール
できることを説明したところで、今回は終了です。
次は、3つのMT4を一度に動かす話、、、のつもりです。
パソコンの専門のお話は、編集長(お館さま)の忙しさしだいです。
ごめんなさい。

次回も似たタイトルにするので、「関係ないや!」って方は、
読み飛ばしてください。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トレード日記ランキング
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 Copyright ©トラの親 うちのトラの子の年収は? All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ