(3)バックテストの時間短縮できる・・かな?(3)

【はじめに】
気が向くままにMT4(Metatrader4)や
EA(Expert Advisors)のことを書いてます。
残念ながらMT5(Metatrader5)は未確認です。
ほかの話題も同じですが、MT4やEA関連の話題は、
わたしとうちのお館さまの独断と偏見で書いています。
「うちでは、こうやってます!」というだけです。
なので、うちのパソコンでは問題がないことを確認済みの
話題ばかりですが、試す時は自己責任でお願いします。
何か「こうしたらもっと良いかも?」とかあれば、
やさしく教えていただけると励みになります。

【本文】
MT4のバックテスト(BT)にかかる時間の短縮をめざす
お話のつづきです。
今回は、↓こちら↓の3)のあたりです。
1) テストするEAと設定ファイル(setファイル)を用意
  事前にEAと設定が決まっていて、必要なファイルが
  MT4のフォルダに入っているとします。
2) MT4をいくつか用意
  うちの、パソコンの能力を考えて、3つで説明します。
3) テストを一度に動かすためのファイルを用意
4) テストの条件を書いたファイルを用意
5) テスト実行
6) テスト結果ファイルを合体

MT4を3つインストールした前提で書いています。
ちなみに、うちでは、terminal.exeなどのMT4本体のプログラムが
入ったフォルダを、↓こんな感じ↓にしています。
01_MT4を3つ用意_1
できるだけ、シンプルにしてます。
3つのMT4が使うEAやインジケータ、ヒストリカルデータが
入ったフォルダは↓こんな感じ↓です。
01_MT4を3つ用意_2
フォルダ名は、画像をいじって途中から消しています。
【メモ】(その1)
うちのパソコンでは、3つ同時に動かすのが一番メリットが
あるため、インストールするMT4が3つとしてこの記事を
書いています。
本当は、うちのパソコンで試した限りでは、MT4を8つ
同時に動かしてバックテストをしても大丈夫です。
でも、たくさんのMT4を一度に動かすと、パソコンの限界が
きてしまい、かえって計算に時間がかかるようになります。
<お詫び
 ここに、一度に動かせるMT4について、お館さまが
 コア数とかメモリとか書いてましたが、
 わたしにはあまりにも手に負えない話題なので、ざっくり省略

うちのパソコンはデータベースとか、お館さまの趣味の
株式関連の計算とか自作AIとかがいつも動いているので、
MT4を同時に5つ動かすと、すごくパソコンが遅くなるそうです。
そのため、3つにしています。
かしこいパソコンを持っている方は、同時に動かすMT4を4つ、
5つとしても良いです。

、、で、準備が整って、バックテスト(BT)をするときは、
①各々のMT4のアイコンをクリックして、
②MT4の画面が表示されたらBTをするEAの名前を選んで、
③BTの設定を入力して、
  ↑エキスパート設定→パラメータの入力のこと
④テスト期間を入力して、
⑤(BTの)スタートボタンを押す。
というのを繰り返すと思うのですが、めんどくさいです(´Д`)ハァ…
うちでは、お館さまにバッチファイルをちょこっと作ってもらって、
(1) BT実行用ファイルをダブルクリック。以上!
の1回ですむようにしてもらっています。
ファイルの中身は↓こんな感じ↓です。
echo MT4コマンド実行
start "" "C:\Program Files (x86)\FXTF MT4_1\terminal.exe" f:\batch_strategic_tester\config\PuellaEI_1.txt
start "" "C:\Program Files (x86)\FXTF MT4_2\terminal.exe" f:\batch_strategic_tester\config\PuellaEI_2.txt
start "" "C:\Program Files (x86)\FXTF MT4_3\terminal.exe" f:\batch_strategic_tester\config\PuellaEI_3.txt

ファイルは、連続実行用バッチ.batという名前をつけてます。
2~4行目が本体です。
1行で、MT4が1つ動いてバックテストをしてくれます。
それが、3つ入っていて、一度に動いてくれます。
この中の
"C:\Program Files (x86)\FXTF MT4_1\terminal.exe"
が、MT4を動かしてくれるおまじないです。
連続実行用バッチ.batファイルをダブルクリックすると、
このおまじないが効いて、MT4が動きます。
その時、MT4がf:\batch_strategic_tester\config\PuellaEI_1.txt
の中身にしたがって、テストをしてくれます。
【メモ】(その2)
先頭の start "" を省略すると、MT4が一度に動くのではなく、
1つずつ動きます。
2行目のおまじないでMT4が計算を終えたらMT4が消えて、
3行目のおまじないで次のMT4が動きます。
これだとMT4は1個ずつしか動きませんが、
何個でも勝手に動いてくれます。
夜、寝ている時や、出かけている時などの空き時間に、
同時に実行する必要はないけれど、
通貨ペアや設定ファイル(setファイル)、タイムフレーム
(M5やM15、H1など)をいろいろと条件を変えてBTを
する時に使います。


【メモ】(その3)
今度説明しますが、設定の内容をちょこっと変えるだけで、
最適化もしてくれます。めったに使わないけど(;'∀')

わたしがする準備は、PuellaEI_1.txt
メモ帳でちょこちょこっと書き直すくらいです。
じつはPuellaEI_1.txtの中身が重要ですが、
説明を用意するのに苦戦してます。
お館さまチェックを抜け出せない・・・
少々お待ちください_(._.)_

次回も似たタイトルにするので、「関係ないや!」って方は、
読み飛ばしてください。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

トレード日記ランキング



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 Copyright ©トラの親 うちのトラの子の年収は? All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ